夏はワキガ対策に特に力を入れよう!

MENU

夏はワキガ対策が旬を迎えるシーズンです!

ワキガ対策が「旬」を迎えるシーズンと言えば、やっぱり夏ですよね。冷房の効いた部屋でない限り、どうしても夏は、大量の汗をかいてしまいます。そのため、四季の中でも特に注意して、ワキガ対策に力を入れていきたい季節と言えるのです。

 

夏はワキガ対策が旬を迎えるシーズンです!

夏はワキガ臭が起こりやすい!

夏という季節は、とにかくワキガ臭が起こりやすいですね。夏はワキガ体質ではない方ですら、汗を大量にかくことで「汗臭さ」などの体臭を発してしまいやすい季節です。ワキガの方は、特にニオイが起こりやすいので、しっかりケアしなければなりません。

 

そんなワキガ臭が夏に発生しやすい原因は、

  • アポクリン汗腺から汗が出やすい
  • 皮脂量が増えやすい
  • 高温で雑菌が繁殖しやすい

といったことが挙げられます。

 

まさに、ワキガ臭を発生させるための絶好の条件が整っている、と言っても過言ではない状態なのです。だからこそ、他の季節よりもさらに徹底したワキガ対策が重要になるわけですね。

夏のワキガ対策の注意点

夏のワキガ対策を成功させるためには、注意しなければならないポイントがあります。

  • 市販の制汗剤は極力使用しない
  • ゴシゴシ洗わない
  • ニオイでごまかさない
  • 衣類を清潔にする

夏になると、市販の制汗剤もドラッグストアなどで目立つコーナーに置かれるようになります。ですが、ワキガ対策には市販の制汗剤は不向きなうえに、毛穴を詰まらせ、悪化させる原因にもなるため、使用しない方が無難です。

 

それから、夏の雑菌対策にとゴシゴシ洗ってしまう方もいますが、これはお肌を傷つけ逆効果です。それよりも、身に着ける衣類をできるだけ清潔に維持することで、雑菌の繁殖を抑えましょう。

 

また、ワキガのニオイは他の香りでごまかせるものではありません。香料の使われた製品はできるだけ使わず、無香料のワキガ対策クリームなどで根本からの解決を目指しましょう。

夏のワキガ対策のコツ

ワキガのニオイが発生しやすくなる夏を乗り切るためには、コツがあります。

  • 汗をこまめに拭き取る
  • 水分をしっかり摂る
  • ワキガ対策クリームをこまめに塗る

汗をかいたままにしていると、どうしても雑菌が繁殖しやすくなります。これを防ぐために、汗はこまめに拭き取りましょう。また、水分をしっかり摂取しながら、適度な汗をかいた方が、ニオイが薄くなりますね。

 

あとは、頼れるワキガ対策クリームを、外出先にも持参し、気になるタイミングでこまめに塗りなおすのもおすすめです。このようにきちんとケアしていけば、夏という季節も、ワキガに悩まされる方にとって「怖い季節」ではなくなるはずです。

関連ページ

春はそろそろ対策の必要性を感じ始める時期
汗をかく機会が減り、体臭が気になりにくくなる冬が終わり、徐々に訪れる暖かな春。気候としては気持ちが良いものですが、暖かい日には汗もかきやすくなるため、ワキガ対策には悩まされてしまいますね。そんな春には、油断せずにワキ汗のケアを行い、しっかり対策していきましょう!
秋も油断は禁物!まだまだ対策が必要な季節
秋になると、ワキガにとって厳しい「夏」という季節が終わり、ホッとしてしまう方も多いのではないでしょうか?ですが、ワキガ体質をお持ちの方は、秋になっても油断は禁物です。夏の間は完璧に対策できていたのに、秋になり油断したことが原因でニオイが再発…なんてことにならないためにも、しっかり対策していきましょう!
忘れてはダメ!冬の対策も意外と重要
冬という季節は、夏のように汗をかくことが無く、比較的、ワキガ悩みを抱える方にとっては過ごしやすい印象がありますね。ですが、実は冬のワキガ対策も意外と重要なのです。冬場も油断せず、しっかり対策していきましょう。